×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top < Travel < Mizugaki


一番好きな山

高校では、ワンダーフォーゲル略してワンゲル部にいました。
その当時はそれほど楽しいとは思わなかったけど、山を欲する体になってしまったらしい。
社会人になってからも1年に1回は山に行っていたけど、最近はすっかりご無沙汰に。
そんなんで、台風と秋雨が一休みした日曜日に、2年ぶりの山へ。

場所は、山梨県にある瑞牆(みずがき)山。日本百名山の1つ。
高校に始めて登ってから早12年。今回で7回目になります。

みずがき山


高校時代は、増富温泉からこの林道を2時間かけて歩いていました。
今は、車で楽チン。

山へと続く林道


増富温泉から20分ほどで、ベースとなるみずがき山荘に到着。
車はここまで。観光シーズンにはバスも通るようになり、だいぶ便利になってた。
紅葉はまだまだ始まりだったけど、ここのモミジだけは、鮮やかに色づいていた。
準備をすませ、6時に出発。

みずがき山荘


登り始めて5分ほどは、ゆるやかな登りが続きます。
ここを歩くのは、なぜかわからないけどすごく好きだな。

登山口


そこからは急登を行くこと20分。富士見山荘に到着。
ここは、金峰山と瑞牆山に道が別れ、ベースキャンプを張る場所でもあります。
ここのおっちゃん、いつも愛想悪かったよなぁ。と思いながらとっとと通過。
さらに15分ほど歩くと沢に到着。

富士見山荘

沢の途中


ここからは、頂上まで一気に登ります。
台風の影響か、道しるべが見つからず途中迷いながらも進み、天狗岩まで到着。
ここまで来れば、頂上まであと少し。

天狗岩


歩き始めてから1時間半で、ついに山頂に到着。
登りきった先には、良く晴れて、くっきり見える富士山がお出迎え。

ホテルデンハーグ

たいていの山って、一度登るともういいやって思うことが多いと思う。
高校の時に何度も行った丹沢なんて、もう二度と登らないと思っているけど。
そんな中で、この山に何度も登りたいかと思うと、360°のパノラマを味わえるから。
今回は特に綺麗に晴れて、遠くの方まで良く見えました。

では、瑞牆山のパノラマを紹介。
(左)富士山。まだ雪が積もっていないけど、シルエットはやっぱり綺麗。
(右)金峰山。同じく日本百名山の1つ。こっちは、しばらく登っていないなぁ。

山頂からの富士山 山頂からの金峰山

(左)南アルプス。一度は登ってみたいなぁ。
(右)八ヶ岳。高校の頃チャレンジすれど、台風で登れず。もう登らないかな。

山頂からの南アルプス 山頂からの八ヶ岳

そして、浅間山。最初、横一線に黒い雲が出ているようで、何かと思っていたら、噴煙が風に流れていたせいだったらしい。

ドムトールン

途中にあった、天狗岩もこの高さに。風も強いせいか、やっぱり高いところは怖いや。

空からの眺め


1時間ほど頂上で景色をゆっくり見ることができたので、下山は楽々。
10時前には、瑞牆山荘に戻って来れました。

帰りの林道は、途中途中で立ち止まりながら、林道を散策。
重いザックをしょって歩いていた時は余裕がなかったかけど、マイナスイオン満点の風景が楽しめます。
もう1か月くらいで、紅葉も綺麗になりそうです。

夕食 ミュージカル


最後は、もちろん温泉へ。今回は麓にある増富温泉ではなく、明野村にある「ふるさと太陽村」に行ってきました。
無色だけど、ぬめりがあり肌に良さそう。そして、南アルプスを見ながら温泉に入れます。
良いという噂は本当でした。

ミュージカル


来年の始めには、長年連れ添ったシビック君を手放すので、これでしばらくは瑞牆山に行くこともなさそうです。
それにしても、久しぶりの登山は経験も鈍ってしまい、なかなかバテバテな山行になってしまいました。鍛えなおして、来年にでも新しい山にチャレンジしてみようかと思います。

Gallaryへ戻る